News

ニュース

障害福祉 × 芸術文化 × 地域共生 銀行ロビー展開催のお知らせ

銀行ロビー展

デジタルアートと障害福祉をより身近に親しんでいただくための展示企画

日本社会福祉デザインセンターは、障害者就労継続支援事業者としてデジタルデザインを活用した就労支援活動を通し、障害者の表現活動の支援や美術館等の会場での展覧会を開催してきました。2021年には、富山県民会館と富山市ガラス美術館各ギャラリーにおいて、デジタルアートと障がい福祉の融合をテーマにデジタルアート展 DIGITAL ARTWORK EXHIBITION「僕らはこれでメシを食う。」を開催。多くの来館者にデジタルアート作品を観覧して頂く事ができました。

今年2022年は、地域の皆さまとより近い距離で障がい福祉への理解を目的とした作品展示を目指し、当社利用エリアの金融機関の協力を得て地域に根差した銀行ロビーでの展覧会を開催していきます。お近くの銀行に是非お越しください。

〇展示テーマ
障害福祉×芸術文化×地域共生
デジタルアートと福祉の融合であらゆる人の生き方と夢をつなげるプロジェクト。

〇目的
・デジタルアートを通した、障害者の芸術文化活動の支援
・障害福祉への理解と地域社会との共生

銀行名開催日
北陸銀行 本店(富山市)2022年4月11日~5月13日
富山銀行 富山支店(富山市)2022年5月6日~5月31日
富山第一銀行 本店(富山市)2022年6月1日~6月30日
北陸銀行 高岡広小路支店(高岡市)2022年7月4日~7月29日

この作品展示企画は、厚生労働省および文部科学省の「障がい者芸術文化活動普及・活躍推進プラン」の主旨を基本に、芸術文化活動普及支援および、地域における自立と社会参加の促進を図ることを目的に企画しています。

TOPへ戻る